タダでもらえる情報 無料資料請求 無料会員登録

保険お役立ち情報>こども保険の基礎知識カテゴリの記事一覧

子ども保険の上手な使い分け

子ども保険で積み立てるメリット

子ども保険の共通した仕組みは、
@契約者にもしものことがあった場合、以後の保険料の払い込みが免除され、
Aお祝い金や満期金は、契約内容どおりに支払われることです。

通常の預貯金では積立を継続できる自信のない方でも、子どもの名義で毎月保険料として引き落としされるので積立しやすく、また、家計を支えるご主人などに万一のことがあった場合でも、積立を継続できます。

★積立タイプの子ども保険は、大きく2つに分かれます。
(1)「祝い金と満期金だけ」の貯蓄性を重視した保険
  ◎教育費の貯蓄性に優れた保険を利用したい方。
  ◎子どもの医療保障は必要がない方。
(2)契約者の死亡後の養育費を補てんする「育英年金をプラス」した保障性の高い保険
  ◎もしもの時に、教育費だけでなく養育年金もほしい方。

★子どもの保障だけを得るなら
(3)ケガや病気の入院保障や、お子さまの賠償事故の補償に絞った保険
  ◎教育資金は保険以外で積立をされる方。
  ◎子どものケガや、賠償事故の補償に備えたい方。
  ◎ケガ以外に、O-157などの特定感染症などにも備えます。

貯蓄性を重視するのか、保障が必要なのかによって、選ぶ商品も異なってきます。

タダでもらえる無料資料請求会員登録情報
タグ:子ども保険

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。