タダでもらえる情報 無料資料請求 無料会員登録

保険お役立ち情報>生命保険の基礎知識カテゴリの記事一覧

生命保険の種類と特徴は?

生命保険って種類がいろいろあってわかりにくい」と思っている人も多いのではないでしょうか。

まず、用語と特徴を理解しましょう。保険は「主契約」と「特約」でできています。「主契約」は保険のベースになる部分で、これだけで契約できます。「特約」は主契約にプラスして保障を充実させるものです。

生命保険の主契約の種類は、基本的には(1)定期保険(2)終身保険(3)養老保険の三つのバリエーションなので、これを押さえておきましょう。

(1)定期保険は、一定期間に死亡した場合のみ、死亡保険金が受け取れる保険です。(2)終身保険は、保険期間が一生涯です。(3)養老保険は、保険期間は一定期間で、その間に死亡した時は死亡保険金が、満期時に生存していた時は満期保険金が受け取れるものです。

保険料は(1)が最も安く、(2)は(1)より割高、(3)は(2)よりも高額になります。例えば、定期付終身保険は、終身保険に定期保険を組み合わせたもの、収入保障保険は、定期保険の死亡保険金の受け取り方を年金方式にしたものです。自由設計型保険(アカウント型保険)は、一般的に、ベースが積立終身保険で、保障内容を自由に設計できる保険です。

また、病気やケガに備える「医療保険」、ガンに備える「ガン保険」のほか、教育資金を用意する「こども保険」、老後資金を準備する「個人年金保険」などがあります。


●おもな生命保険の種類を知っておきましょう

保険の種類 特徴
死亡時
に備える
定期付
終身保険
一生涯保障される終身保険に一定期間だけ保障が受けられる定期保険特約をセットした保険
自由設計型
保険
主契約は積立金。特約で保障内容を自由に設計できる。積立金の出し入れもでき、貯蓄と保障機能を兼ね備えることもできる
定期保険 一定の保険期間中に死亡したとき、保険金が受け取れる。保険料は掛け捨てのため低コストで高額保障が得られる
収入(生活)
保障保険
死亡保険金が年金形式で毎年支払われる。満期に近づくほど保険金が減少するタイプと一定期間支払われるタイプあり
養老保険 10年、20年など一定期間の死亡保障が得られ、満期時には死亡保険金と同額の満期保険金が支払われる。保険料は圧倒的に割高になる
終身保険 一生涯の死亡保障が得られる。いつかは必ず保険金を受け取るため、解約時は解約払戻金も。保険料は定期や収入保障に比べ割高
特定(3大)
疾病保障保険
>死亡時に死亡保険金が、ガン、脳卒中など特定の病気になると同額の給付金が受け取れる。死亡保障としては割高
病気・ケガ
に備える
医療保険 病気やケガで入院したとき、入院日数に応じた給付金が受け取れる。日額に応じた手術給付金もある
ガン保険 ガンと診断されたときの給付金や、ガン入院時に入院給付金、手術時に手術給付金が受け取れる
教育資金
に備える
こども保険 子どもの教育資金準備のための保険で、子どもの入学や進学に合わせ、満期保険金や祝金(給付金)が受け取れる
老後資金
に備える
個人年金保険 あらかじめ定めた年齢から毎年、年金を受け取ることができる保険。年金を受け取る期間でいくつかの種類がある

タダでもらえる無料資料請求会員登録情報

保険手続きの仕方

@情報収集
自分に必要な保障をはっきりさせ、インターネットや雑誌などで情報収集を開始。自分のニーズに合う保険の資料を請求。

A比較検討
集めた資料をもとに保険の内容、期間、保険料などを比較、検討。保険設計書や営業職員、代理店の説明も参考に。

B商品決定
商品決定前にチェックしたいポイント
●必要な保障と主契約、特約は合っているか?
●保険金、給付金の額は適切か?
●保障期間は適切か?
●保険料は今後ずっと支払っていける額か?
●保険料の払い込み期間は適切か?

C申込み
申込書に署名、捺印して、必要事項を記入。「ご契約のしおり―(定款)・約款」には、契約内容や商品についての重要事項が記載されているので申し込み前に十分確認すること。

D第1回保険料充当金の払い込み・告知(審査)
被保険者は、告知書や保険会社指定の医師に事実を告げる義務(告知義務)がある。健康状態、既往症などの事実を告げなかったり、偽りの告知をすると、保険金や給付金が受け取れない場合や契約の解除も。

E保険会社の承諾
健康状態などに問題があった場合、契約ができないことも。病歴があっても、一定の条件で契約できる場合もある。

F契約成立

G保険証券の受領
保険証券が送られてくるのは、申し込みをしてから、通常、2、3週間後。郵送されてきたら、内容を確認のこと。告知した内容の写しも同封されているのが一般的なので、これも確認して。間違いがあれば保険会社に連絡しよう。


※〔契約者と被保険者〕
●保険契約者
保険会社と保険契約を結び、契約上の権利(契約内容の変更、解約など)と義務(保険料の支払い)を持つ人。
●被保険者
その人の生死、ケガ、病気などが保険の対象となっている人。
●受取人
保険金、給付金、年金などを受け取る人。

※〔クーリング・オフ制度〕
第1回保険料充当金の領収書の交付日、または、申し込み日のいずれか遅い日を含めて8日以内(8日以上の会社もある)なら申し込みを撤回でき、保険料が返金される。ただし、契約の際、医師の審査を受けたり、保険会社の営業所などで申し込んだり、保険期間が1年以内の契約の場合には適用されない場合も。

※〔責任開始〕
申込書に署名、捺印した後、保険会社が契約を承諾した場合には、(1)告知あるいは審査、(2)第1回保険料充当金の払い込み、のいずれか遅い時から保険会社の契約上の責任、すなわち保障が開始される。

タダでもらえる無料資料請求会員登録情報

三大疾病って?

三大疾病ってどんな病気?

がん・心疾患・脳血管疾患の3つの病気をひとまとめにして、三大疾病(三大生活習慣病)といいます。なぜ、この3つの病気を三大疾病というのでしょうか? それは、日本人の死亡原因の第1位はがんで31.1%、第2位は心疾患で15.5%、第3位は脳血管疾患で12.5%と、1位から3位を占めている病気だからです(※1)。実に、亡くなった人の10人に6人は、三大疾病が原因で亡くなっていることになります。

このように、三大疾病は死亡に至る可能性が高いという特徴があります。また、入院日数が長引きがちで、それに伴って医療費の自己負担額も高くなりがちという特徴も上げられます。

三大疾病による入院の平均日数は、がんは28.9日、心疾患は29.3日、脳血管疾患は102.1日です(※2)。では、医療費の自己負担額はどれくらいでしょうか? 入院1日あたりの医療費の自己負担額の平均は1万4700円(※3)というデータをもとに単純計算してみると、がんは約42万5000円、心疾患は約43万円、脳血管疾患は約150万円になります。

もし、三大疾病の治療のために、公的医療保険のきかない高度先進医療を受けたり、そもそも公的医療保険の適用外の治療や投薬を受けた場合は、全額が自己負担になり、医療費負担はもっと高額になります。また、治療の甲斐あって退院しても、健康状態がもとの生活に戻れるまで回復するには時間がかかると思われます。ですから、三大疾病にかかったときの医療費負担は家計にとって大きなダメージとなります。また、三大疾病にかかった人が一家の生計の担い手の場合は、治療&療養中の収入減も家計に影響を与えます。

このような、三大疾病による医療費負担と収入減に備えるための保険が「三大疾病保障保険(保険会社により特定疾病保障保険、重大疾病保障保険などと名称が異なる)」です。


★三大疾病保障保険って?

三大疾病保障保険は、がん・急性心筋梗塞(心疾患全般ではない)・脳卒中(クモ膜下出血・脳内出血・脳血栓・脳塞栓など)になり、所定の状態になったときに、契約した死亡保険金と同額の三大疾病保険金が支払われます。また、原因に関わらず、高度障害状態になったときには高度障害保険金が、死亡時には死亡保険金が支払われます。3種類の保険金のうち、いずれかが支払われた時点で契約は消滅します。

三大疾病保険金が支払われる所定の状態とは、それぞれ、次のように異なります。
(1)医師によりがんと診断確定されたとき。ただし、上皮内がん、皮膚がんは対象外(皮膚の悪性黒色腫は対象)。
(2)急性心筋梗塞は、医師の診断を受けた初診日から60日以上労働が制限される状態が継続したと医師により診断されたときです。
(3)脳卒中は、医師の診断を受けた初診日から60日以上、言語障害や運動失調、まひなどの神経学的後遺症が継続したと医師により診断されたときです。


★三大疾病保障保険のタイプ

三大疾病保障保険には、定期型と終身型があります。定期型とは、あらかじめ保障期間が決まっているタイプです。このタイプには、10年や15年などの短い満期で加入して満期になるたびに更新していく「更新型」と、最初に70歳や80歳などの長い満期で加入する「全期型」があります。終身型とは、加入時から一生涯の保障があるタイプのことです。全期型と終身型は、加入してから保険料を払い終えるまで保険料は変わりません。しかし、更新型は、更新時にはそのときの年齢と保険料率で保険料が再計算されるため、更新のたびに保険料がアップしていきます。


★どれを選べば良いの?

三大疾病保障保険は、定期保険に比べて保険料は割高であること、給付条件はがんはともかく急性心筋梗塞と脳卒中は厳しいことから、保険金は300万〜500万円程度で契約するといいでしょう。また、三大疾病は高齢になるほど罹患率が高まるので、利用するなら終身型が望ましいといえます。



※1=更生労働省「人口動態統計」(平成16年)

※2=更生労働省「患者調査:退院患者の平均在院日数」(平成14年)

※3=生命保険文化センター「生活保障に関する調査」(2004年度)

タダでもらえる無料資料請求会員登録情報
タグ:三大疾病

保険のマメ知識

★高額医療費の払い戻し

病気やケガなどで1カ月に支払う自己負担額には上限が決められており、超えた分のお金は、あとから払い戻されます。健康保険の種類や収入によって、上限額が異なります。また、サラリーマンの場合は、長期療養などで会社を休職しても、月収の6割を補償してくれる「傷病手当金」という制度もあり、公的保障は自営業者より厚くなっています。

サラリーマン 自営業など 1ヶ月の医療費の
自己負担限度額
月収56万円
未満
年間所得
670万円以下
7万2300円+
(*医療費の総額-24万1000円)×1%
月収56万円
以上
年間所得
670万円超
13万9800円+
(*医療費の総額-46万6000円)×1%
*医療費の総額=健康保険が7割負担、自己負担が3割



★もらえる遺族年金

一家の生計を支える人が亡くなった場合に支給される「遺族年金」は、加入している年金の種類や、子どもがいるかどうかによって、もらえる年金額が変わってきます。「遺族基礎年金」は、18歳未満の子どもがいる妻であれば、夫が加入している年金が国民年金だろうと厚生(共済)年金だろうと決まった金額を受け取ることができます。 一方、「遺族厚生(共済)年金」は子どものあるなしに関わらず、夫の生前の平均収入や加入月数などで計算された年金額が支給されます。18歳未満の子どもがいれば、「遺族基礎年金」と両方もらうことができます。

遺族基礎
年金
夫が会社員でも自営業者でも、18歳未満の子どもがいる家庭なら国民年金からもらえる 79万4500円+子の加算/年間
*2人目までは、1人につき22万8600円。
3人目以降は1人につき7万6200円。
遺族厚生
(共済)
年金
夫が会社員または公務員の家庭ならもらえる。18歳未満の子どもがいれば、遺族基礎年金とあわせてもらえる 夫の平均標準報酬月額が30万円の場合
会社員家庭…約51万6000円/年間
公務員家庭…約61万8000円 /年間

タダでもらえる無料資料請求会員登録情報

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。